安心印鑑工房

印鑑職人・永田 皐月が安心・安全な印鑑を詳しくわかりやすくご説明します。
2点の印鑑、同じように見えるけれどハッキリ違う。

上の2点の印鑑をご覧ください。
実はどちらも同じ名前が彫られています。

まず左の印鑑から見ていきましょう。
これは実際に某ネットショップで注文したものです。
新聞広告やテレビ通販でもよく見かけるタイプの、
ごくごく一般的な、印鑑らしい印鑑ですね。

でも、何と彫ってあるか、お読みになれますか?

そう言われてみると、なにやら呪文のようで
解読するのはなかなか難しいですね。

「印鑑とはそういうもの。読める必要はない」
そのようにお考えの方もいるでしょう。
しかし、印鑑は持ち主の権利と財産を守るものです、
「何と彫ってあるか読めない印鑑」は、ひいては
「誰が捺したのか、わからない印鑑」ともなりかねません。

それに、何と彫ってあるかわからないこの左の印鑑は、
何やらいかめしく、怖そうな表情に見えませんか?

一方、右の印鑑はどうでしょう。
パッと見は左の印鑑とよく似たタイプの文字ですが、
「読もう」と思ってよく見ると…そうです、
右の列は「安部」、左の列は「俊治」と、ハッキリ読めますね。
これだと誰の印鑑か、少しだけよく見れば、わかります。

右の印鑑のように
お客様の苗字と名前が彫られていると想像してみてください。
これだと「自分だけの印鑑だ」とはっきりわかるので
親しみやすさや愛着が沸いてくるような気がしませんか?

印鑑は捺す人の分身、つまり、もうひとつの「顔」です。
怖そうな顔より、優しげな顔の方が人からも好かれます。
この印鑑なら、捺した印影を見た相手も気に入って、
「良い印鑑ですね」と、きっとほめてくれるでしょう。

一見、普通の印鑑でも、読もうと思えばハッキリ読める。
読めるから安心して、自信を持って捺せる。
「自分だけの印鑑だ」と、愛着も深まる。人にも好かれる。
今までのどんな印鑑にもなかった、とても大きな特長です。

では、読みやすければ、どんな印鑑でもいいのでしょうか?
…いえいえ、決してそうとは限りません。
もう少し、例をあげてご説明しましょう。
↓をクリックして、ぜひ続きをお読み下さい。